夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 13日

オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton- John)「A Celebration In Song」(2008)

ボクのささやかな人生において、多分一番熱心に音楽を聴いていた70〜80年代の、特に洋楽のアーティストの来日コンサートの告知広告や記事を目にすると、懐かしさと共にまだ現役で活動しているその前向きな姿勢には素直に頭が下がる思いであります。ということで、この11月にオリビア・ニュートン=ジョン(1948〜)が来日公演をやるというので、CDを探しだしては聴き返している今日この頃であります。ボクは決して熱心な彼女のファンではなかったけれど、やっぱり安心して聴けるということが今は重要なポイントですね。
これはオリビアがいろんなアーティストとデュエットしている2008年のアルバム。



e0042361_2372550.jpg


e0042361_2374862.jpg

1曲目では同じオーストラリアの今の(?!)歌姫デルタ・グッドレムとデュエットしてる。

by nightly | 2010-09-13 21:00 | 濠太剌利の歌手 | Comments(2)
Commented by haha at 2010-09-14 23:16 x
私が、オリビア・ニュートンジョンと衝撃な出会い(?)をしたのは
姉に連れられて映画館で観た「グリース」でした
かっこいいお姉さんだなぁ~と思いました

それから、ずっと活躍し続けていますね
素敵な女性ですよね

Commented by nightly at 2010-09-15 23:34
hahaさんは“グリース”をご覧になったんですね。
懐かしいです。
オリビアも癌を乗り越えて、現役でいることには頭が下がります。


<< ジュリー・ロンドン(Julie...      ファイン・フレンジー (A F... >>