夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 31日

ヘレン・メリル(Helen Merrill)「アメリカン・カントリー・ソングス」(1959)

これもまた昨夜のジョニー・ソマーズのアルバム同様今月23日に発売された『JAZZ BESTコレクション 1000』第5弾の中の1枚。カントリーはボクの守備範囲ではないのだけど、“紐育の溜息”なヘレン・メリルのハスキーなヴォーカルにかかれば夢心地!これはまた格別の趣があるのだった。
しかもジャケット写真がまたキュートだったりして・・・うぷぷ。



[ヘレン・メリル(Helen Merrill)「dream of you」(1956年)]

[ヘレン・メリル(Helen Merrill)「ヘレン・メリル・ウィズ・ストリングス」(1955年)]

[ヘレン・メリル(Helen Merrill)「ローマのナイトクラブで」(1960年頃)]

[ヘレン・メリル(Helen Merrill)「ニアネス・オブ・ユー」(1957~8年)]

[ヘレン・メリル(Helen Merrill)「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」(1954)]

[ヘレン・メリル(Helen Merrill)「ヘレン・メリル(Helen Merrill)「ジャスト・フレンズ」(1989)]



ヘレン・メリル(Helen Merrill)「アメリカン・カントリー・ソングス」(1959)_e0042361_22503315.jpg


by nightly | 2013-01-31 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(4)
Commented by lalaki at 2013-02-01 18:01 x
ああ、ヘレン・メリルさん!その昔は失礼しました。。。

私が17の頃、実はUS大陸バスの旅というとんでもない貧乏旅行をしたんですが、
行きと帰りの飛行機だけが一緒だった、ジャズがセミ・プロの大学生の人がいて、
この人に誘われて、とあるロスの郊外にあるジャズ・クラブに出演中の
ヘレンさんのライブに行きました。

この人は大変な彼女のファンで、LP持参でありまして、日本人が珍しいのか、
ヘレンさんはわざわざ私らのテーブルまで来てくれて、感激した大学生は早速LPにサインをもらったのですが、
機嫌のよいヘレンさんは、私のほうに向かって「あなたは?」と聞いてくれましたが、
当時はジャズといえばビリー・ホリデイぐらいしか知らなかった私は、
「いや、私は別に・・・」みたいなことを言ってしまいました!!!

スミマセン、ヘレン様、皆様、日本で活躍した息子のアラン君!
Commented by nightly at 2013-02-07 22:30
lalakiさん、なんだか体験談が多彩すぎて、こちらの頭がクラクラしてきますね〜。
Commented by 凸椪 at 2013-02-10 18:15 x
ジャズには不案内な僕がH.メリルと聞いて、思い浮かべるのは、
You'd Be So Nice To Come Home という歌曲ぐらいですが、
彼女が(彼女も…)カントリーのアルバムを残していたとは初耳でした。
先頃、亡くなったパティ・ペイジやブレンダ・リー、最近の現役バリバリでは、ノラ・ジョーンズなんかはC&W作品が多いようですが、アメリカでカントリー音楽は、日本の「演歌」の位置付けがピッタリ来るようで(もっとも最近は、テイラー・スイフトなどを代表として、だいぶ以前とは趣きが異なるようですが…)、とりあえず手っ取り早くレコードセールスに結び付きやすい音楽分野かと思われます。
日本でもジャズ関係の人が、歌謡曲のバック演奏や編曲を担当しているのと同様に、アメリカでも本業のジャズ音楽活動よりも、生活のために商業的カントリー音楽に関わるケースは少なくないでしょうか?
まぁマーケット的に大きなカントリーで“飯を喰って”、なかば“趣味”としてジャズを演奏したり、音楽シーンでステイタスを獲得してからジャズアルバムを発表するミュージシャンも見受けられますね?
ところでH.メリルのこのアルバムには、どんな曲が挿入されているのですか??
Commented by nightly at 2013-02-11 23:59
凸椪さん、こんばんは
仰るとおりだと思います。日本でも演歌歌手は基本的に歌唱力があるのでジャズなどを歌っても様になると言うか、上手い人が結構いますね。

因みにこのアルバムの全曲は
[1]メイビー・トゥモロー
[2]アイム・ソー・ロンサム・アイ・クッド・クライ
[3]ユー・ドント・ノウ・ミー
[4]カンダムド・ウィズアウト・トライアル
[5]ユー・ウィン・アゲイン
[6]アイム・ヒア・トゥ・ゲット・マイ・ベイビー・アウト・オブ・ジェイル
[7]ア・ハート・フル・オブ・ラヴ
[8]コールド、コールド・ハート
[9]ディヴォーテッド・トゥ・ユー
[10]マイ・ハート・ウッド・ノウ
[11]エニー・タイム
[12]ハーフ・アズ・マッチ

です。


<< 「夜ごとの美女暦」の2月は順当...      ジョニー・ソマーズ(Joani... >>