夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 08月 16日

ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)

ミシェル・ファイファー(1958〜)は、この映画の中でスージー・ダイアモンドというクラブ・シンガーの役で数曲、自前で歌っている。彼女の歌が聴きたくてサントラCDを購入したら、たった2曲しか収められていなかった。なんてこった!
やはり動く彼女を観よと言うことか!?なんと言ってもこれが彼女の一番のはまり役だから・・・。
新年を迎えるリゾート・ホテルのボールルームでジェフ・ブリッジス扮するジャックの弾くグランドピアノの上で真紅のドレスに包まれたスージーが「メイキン・ウーピー」を歌うシーンは何度観てもゾクゾクする。
そういえば、この映画の中でもベニー・グッドマンの演奏する「ムーングロウ」をバックにスージーとジャックが踊るシーンがあり、これがきっかけとなって2人の距離が急速に縮まるのだった。やはり名曲の力は強し!である。
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_2257259.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_22572837.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_22574553.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_2258297.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_22582381.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_22583962.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_22585613.jpg
ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)_e0042361_22591034.jpg


by nightly | 2005-08-16 21:00 | 亜米利加の女優 | Comments(17)
Commented by haha at 2009-09-21 23:35 x
こんばんは。

わ~見つけました
大好きな映画です
これでジェフ・ブリッジスのファンになりました(笑)

ジェフ・ブリッジスとミッシェル・ファイファーが
大人の恋を演じきっているし、ピアノもミッシェルの歌声も・・・
全部好きです

それにしても、似ていない兄弟ですよね・・
Commented by nightly at 2009-09-23 23:15
hahaさん、こんばんは。
この映画が大好きだなんて!うれしい限りです!!
これでミッシェル・ファイファーにとどめを刺されましたよ、ボクは!
もう何度観たことか・・・うぷぷ。
Commented by haha at 2009-09-23 23:50 x
確かに。。。

あの不器用さの中の色気が好きです
それはジャックもスージーも同じなんですよね

あ、それに「スージー・ダイアモンド」ってネーミングも
センスあるなぁって関心しちゃいました
私、どれだけ好きなんでしょね、この映画(笑)
Commented by nightly at 2009-09-24 00:19
スージー・ダイアモンド!・・・うーむ、まんだむ!って言ってしまいそうです。
話は変わりますが、この映画には実はもう一人ボクのお気に入りの女優が出ているんですが、誰だと思います?
Commented by haha at 2009-09-25 23:20 x
こんばんは。

う~~ん、時間があればじっくり観て考えたいところですが・・・
とりあえず・・・
ジェニファー・ティリーですか・・・?
う~む、それともテリー・トレアス??(彼女についてはよく知りません~)
Commented by nightly at 2009-09-25 23:47
hahaさん、ご明察の通りですぅ!
あのオーディションでジェニファーが歌うシーン、どうしても好きなんです!
Commented by haha at 2009-09-26 22:17 x
はい~そうですね
なんともいえない魅力をもつ素敵な女優さんだと思います
私も好きです

「ゲッタウェイ」(キム・ベイシンガーの方)では、
これまたひと癖ある若い主婦を演じていましたね
20代の初めに観たんですけど
女は怖いと思いながらも(笑)、とても存在感のある人だなぁと思いました
Commented by nightly at 2009-09-26 23:20
おっと、hahaさん、今度はキム・ベイジンガーを登場させましたね!どうしてボクの好みがお解りなんでしょうか?
もちろん「ゲッタウェイ」のいけてない獣医の妻役のジェニファーもツボに嵌ってました。
「バウンド」も好きです。
で、実は妹のメグ・ティリーの方がさらに好きなんですが・・・うぷぷ。
Commented by haha at 2009-09-27 00:56 x
キム・ベイシンガー・・あの魅力はどこから来るんでしょうね
高校生だった頃、こんな女性になりたいなぁと思っていました(大胆過ぎ。笑)

「バウンド」のジェニファー、凛としてかっこ良かったですよね
イメージがガラリと変わりまして新鮮でした
妹がいたんですね~
どんな方なんですか??

今日、やっと久しぶりに
スージー・ダイアモンドの歌声を堪能できました

観る度に、唸ります
どのシーンもいいなぁ~と

兄弟で本気の喧嘩をするシーン
ジャックとスージーの、男と女の人間らしい言い争い
少女とジャックの、早朝、アパートの屋上での会話・・・
最後のシーン
スージーの歌う、「マイ・ファニー・バレンタイン」

う~ん、映画って・・やっぱりいいですね。。
Commented by nightly at 2009-09-28 00:38
高校生でキム・ベイジンガーみたいな女性になりたいと思ったなんて! hahaさん、素敵すぎです!!
メグ・ティリーは「フェーム」でデビューし、「再会の時」とか「マスカレード/甘い罠」、「恋の掟」、「黄昏のチャイナタウン」なんかに出演していますが、今は女優を止め、もっぱら著述活動をしているようです。

「マイ・ファニー・バレンタイン」・・・いいですよねー。
Commented by haha at 2009-09-29 22:56 x
こんばんは。

メグ・ティリー情報、ありがとうございました
「マスカレード/甘い罠」は観ていますね


キム・ベイシンガーみたいになんて
おこがましいですよね、、、
とびきりのファッションセンス、優しいふわふわウェーブヘア
魅力的な微笑み、セクシーな泣き顔・・・
憧れていました・・


「マイ・ファニー・バレンタイン」・・歌詞もすごく好きです^^
Commented by nightly at 2009-09-30 23:46
hahaさん、こんばんは。
ボクが女優で映画を観るようになったのが、キム・ベイジンガーとミシェル・ファイファーからなのです!って、別に威張ることはありませんが・・・うぷぷ。
ミシェル・ファイファーの「マイ・ファニー・バレンタイン」、今宵も聴いてから眠りにつきたいと思います!
Commented by haha at 2009-10-01 23:50 x
こんばんは。
そうですか・・なるほど!
私は、
グレゴリー・ペック、クラーク・ゲーブル・・果てはショーン・コネリー!
全て、初めてはTVで観ました
それにしても・・・おませな小学生でしたね(笑)
Commented by haha at 2009-10-01 23:52 x
それから・・
チャップリンの作品は、いつまでも胸の中に残り・・・
ですね・・
Commented by nightly at 2009-10-02 22:53
hahaさん、グレゴリー・ペック、クラーク・ゲーブル、そしてショーン・コネリーですか!実に渋いご趣味ですね。
クラーク・ゲーブルの「或る夜の出来事」、ご覧になりましたか?
もしまだなら、是非一度ご賞味を!
チャップリン、殆ど観て、殆ど忘れてます。機会を見て見直します。
Commented by haha at 2009-10-03 16:42 x
こんにちは。

「或る夜の出来事」、まだ観ていません
クラーク・ゲーブル=レット・バトラーの図式しかないもので(笑)
ありがとうございます、早速観てみます
父がビビアン・リーやヘプバーンを好んでいたので
一緒に観ていました
外国には、こういうオジサンが沢山いるのだと思ってました(笑)

今日は、 nightlyさんが以前紹介して下さっていた
アネット・ルイザンのCDを聴いています
お気に入りになりそうです!


Commented by nightly at 2009-10-04 00:00
hahaさん、こんばんは。
昔の外国映画では、清純派な若い女優の相手役には決まって、ギラギラ度の低い、ちょっと枯れかけた、昔は美男子でブイブイいわせてました!な初老の男優があてがわれてましたよね。
そう言う意味でも、こういうオジサンが沢山いました!

さて、アネット・ルイザン、気に入っていただけたのなら幸いです!


<< ジーン・アーサー(Jean A...      ビヴァリー・ケニー(Bever... >>