夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 01日

プリシラ・パリス(Priscilla Paris)「PRISCILLA LOVES BILLY」(1969)

60年代、フィル・スペクターによって開花し、ロリータ系ヴォーカル・グループとして活躍したパリス・シスターズの一番下の妹で、リード・ヴォーカルだったプリシラ・パリスの69年のソロアルバムが、スペインのなかなか奇特な『LP TIME RECORDS』というレーベルから、紙ジャケ仕様でCD発売された。
どこかの新譜案内に曰く、〈ジャケ買いもOK、「美人しか聴かない」という女性ボーカル・ファン必携の大傑作です。〉という惹句に乗せられて早速購入!
因みに、タイトルの「BILLY」とは勿論ビリー・ホリデイのことで、彼女へのトリビュート・アルバムと言うことらしい。全曲、どこを切っても金太郎飴なプリシラのハスキー&ささやきーなメローヴォイスは一度嵌ると抜けられなくなるかも・・・



プリシラ・パリス(Priscilla Paris)「PRISCILLA LOVES BILLY」(1969)_e0042361_21242798.jpg


プリシラ・パリス(Priscilla Paris)「PRISCILLA LOVES BILLY」(1969)_e0042361_21244073.jpg


by nightly | 2008-03-01 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(6)
Commented by kugayama2005 at 2008-03-02 05:31
はははははやっぱりこれ買った?ボクも買った。LPで買うにはちょっと恥ずかしいけどCDなら買えるね。
Commented by nightly at 2008-03-05 21:28
買わいでかいな!
ボク的にはもう今更LPなんか買うつもりはないけどね。
さて、ともさかDVD、有り難く頂戴つかまつりました。おまけのケイ・リラもね!
Commented by kugayama2005 at 2008-03-06 04:40
ケイ・リラなんだけどさ、世間の声は2枚目のアルバム「カンダガワ」は1枚目のアルバムが良すぎたのでまったくガッカリだ、というのさ。ボクはもうそういう声がおそろしくてふるえていたのだけど、ふるえているうちにアルバムはすぐ売り切れてなくなっちゃった。で、焦って外国を含むあちこちに問い合わせのメールを発したら、そのうち2枚来ちゃったってわけさ。・・・確かにファーストアルバムは有名曲を集めているし、アレンジも演奏も決まり過ぎなので、2枚目はじれったく感じるけど、けっして落ちるわけじゃないし、彼女のオリジナリティも芽生えているので良いんだと思うけど、いまいちしっくりこないことは確かかも。どう思いますか?、日本語のカンダガワも無い方が良かった。
Commented by nightly at 2008-03-07 00:17
なぜ、KANDAGAWAなのか意味がわからない!
以外は、聴くほどにしっくりきていますが・・・。
LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDSなんか特にお気に入りっす!!
Commented by kugayama2005 at 2008-03-07 08:24
なぜかって日本で売れるようにじゃないっすか?
Commented by nightly at 2008-03-12 22:51
やっぱ、カンダガワはカンチガイっすね!?


<< ローラ・オルブライト(Lola...      エミリー・クレア・バーロウ(E... >>