夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 28日

デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)「ファイン・アンド・ダンディ」(1960)

デビー・レイノルズ(1932〜)といえばボク的には真っ先にあのスターウォーズのレイア姫、キャリー・フィッシャーのお母さんとういうことになってしまうけど、勿論、なんと言ってもMGMの古典的な傑作ミュージカル「雨に唄えば(1952)」のヒロイン、キャシーなわけで、ボクもかなり昔、テレビの洋画劇場とかで観た記憶があるし、DVDも所有している。
さて、今宵はそんなデビーの映画の紹介の前にイントロとして、彼女が一番輝いていた頃のスインギーで力強いヴォーカルが聴けるこのアルバムの紹介から始めてみよう。



デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)「ファイン・アンド・ダンディ」(1960)_e0042361_22473253.jpg


by nightly | 2008-05-28 22:47 | 亜米利加の女優 | Comments(17)
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-28 23:27 x
(長文エラー再送します。今度は簡略に)nightlyさん、今晩は。夜ごと私のリクエスト(暗に)が叶っちゃってサンキューです。
苦手なスター・ウォーズ詳しくないけど元ダンナ・エディー・フィッシャーに似たらしく母親に似てないと思います。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-28 23:40 x
何でもリクエスト100パー通っちゃうと次はクリスチーヌ・カウフマン?。デビュー映画「制服の処女」、処女の意味知らないで中学の時見ましたよ。最も主演はドロンの婚約者ロミー・シュナイダー。シュナイダーってスイスのレンズ・メーカー、これはkugayama2005さんへだね。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-28 23:58 x
D・レイノルズと関係なくてすいませんが「ミクロの決死圏」のラクウェル・ウエルチ、あんなナイス・バディーなのに、か細く唄うみたい。スキーも上手い。必聴・必見。You-tubeにあり。
Commented by kugayama2005 at 2008-05-29 08:36
オンリー親分、クリスチーヌ・カウフマンはだいぶ前にここでやった記憶あります。「制服の処女」、処女は、おとめ、と読むのでしょうか?、はたしかDVDになっています。
Commented by kugayama2005 at 2008-05-29 08:40
ロンリー親分、前項訂正、DVDになっているのは古いほうの制服の処女だったようです。
Commented by kugayama2005 at 2008-05-29 08:42
カウフマンは↓このあたりにあります。
http://sleepyluna.exblog.jp/6465259/

gooなんかで【クリスティーネ・カウフマン】を検索すると夜ご美がぞろっと出てきますので笑えます。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-29 14:01 x
うん十年振りに「黄金の七人」見ましたぞ。「ロッサナ・ボデスタ」の妖しいまでの美しさよ!。これぞイタリアン・アイドルの元祖!。それにしてもあの時代にエチオピアだかリビアか忘れたが何でイタリア映画に。不可解な。
Commented by kugayama2005 at 2008-05-29 21:33
ロッサナ・ボデスタは歌歌ってますか?
黄金の七人は、うれしい映画ですねえ〜、見たくなりましたよ〜。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-29 22:49 x
先ず歌ってないでしょうね。七人、再見して下さいな。最近は特にアメリカ映画は内容がチープなのを映像とドルビー・サラウンドで誤魔化していますね。そこいくと七人はコメディーの原点です。ただ、続だったか続々はだめですよ。何でも最初がベスト。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-29 23:18 x
nightlyさん、今晩は。「タミー・シリーズ」届きました。内2枚はサンドラ・ディ主演。お目当てのD・レイノルズ「タミーと独身者」、月光差し込む窓辺で愛しい人に想いを寄せる・・、唸ります。タミーではなくテェミー(カタカナ表記は難しい)って聞こえます。
Commented by nightly at 2008-05-31 10:10
ロッサナ・ポデスタ!だんだん核心に近づいているようですねー・・・。
以前BBで紹介したトロイのヘレン(1955)は主演がロッサナ・ポデスタでした。今度はそちらでアップしよっと!勿論、モンドな香りが充満した「黄金の七人」も是非!
Commented by nightly at 2008-05-31 10:17
先輩、おはようございます。タミー・シリーズ、おもしろそうですねー・・・。当然輸入盤でしょうから、英語が堪能な方がうらやましいです。お人形さんみたいなサンドラ・ディーもボクとしては心惹かれるものがあります。もう殆ど避暑地の出来事なイメージとして・・・。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-31 15:24 x
サンドラ・ディ、避暑地も言うまでもないがB・ダーリン(確かにケビン・スペーシー似ている)との出会いの「九月になれば」も愛くるしい。二人とも早過ぎる死。「九月」の画質は信じられん位超良い。BGMならぬBGVで流す事あり。お買い得。
Commented by nightly at 2008-05-31 15:58
観かえしたくとも「避暑地の出来事」の映像が手に入らないので、取り敢えず「九月になれば」でサンドラ・ディーに逢いたいと思っています。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-06-03 02:14 x
サンドラ・ディー版「タミー」は「タミーとドクター」(ピーター・フォンダのデビュー作、知らなかったが日本公開済みらしい)と「Tammy,tell me true」(未公開、サイコのジャン・ギャビン共演)。キュートだね。参考まで。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2009-06-28 16:13 x
nightlyさん、こんにちは。
久々に彼女のムーン・グロー、雨の桜並木(まさに今にぴったり)、定番のタミー、ホーム・イン・ザ・メドーを聴いてます。
自然体が実に良い。じーんと来ますよ。
Commented by nightly at 2009-06-28 22:40
オンリー先輩、こんばんは。
ボクもつられて、初夏の雨上がりの宵、ベスト盤ですがデビーのアルバムを聴いています。じーんとしてますよ!


<< クリスティーネ・カウフマン(C...      ミッツィ・ゲイナー(Mitzi... >>