夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 09日

メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)

キング・ヴィダー監督の3時間半に及ぶ文芸大作「戦争と平和」でメイ・ブリットはヒロイン、ロストフ伯爵家の令嬢ナターシャ(オードリー・ヘップバーン)の従姉妹で同家に身を寄せているソーニヤを演じている。台詞も少なくもちろん脇役なんだけど、実は登場シーンは少なくない。というのもナターシャが登場するシーンでは殆ど黒子のようにそばにいて、ボクとしてはもっけの幸い、長丁場にもめげずに観続けることができるのだった。
さて、映画はロマンとスペクタクルの壮麗な超大作!ということだが、どちらかといえばロマンスに比重がかかっている。が、ナポレオン軍との戦いのシーンは人海戦術な実写で、スペクタクル度もかなり高い。


[メイ・ブリット(May Britt)「若き獅子たち」(1958)・・・①]



メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_001325.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_021421.jpg

ナターシャ(オードリー・ヘップバーン)の左は兄のニコラス。ソーニヤはニコラスの恋人でもある。

メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_052780.jpg

右は主人公で進歩的な青年ピエールに扮したヘンリー・フォンダ。

メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_075394.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_081910.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_09208.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_095137.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0111541.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_01256.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0131354.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0134417.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0141986.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0152216.jpg

右はピエール(ヘンリー・フォンダ)の妻ヘレーネ役のアニタ・エクバーグ。

メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_017173.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0174217.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_019684.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0193123.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0202100.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0202451.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_021021.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_021333.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0223074.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0231482.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0234251.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_02457.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0243191.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_025416.jpg


メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_0252764.jpg

恋人ニコラスは他の女に懸想して・・・

メイ・ブリット(May Britt)「戦争と平和」(1956)_e0042361_026599.jpg


by nightly | 2008-07-09 21:00 | 瑞典の女優 | Comments(10)
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-07-10 20:16 x
メイ・ブリットにはすまないがアニタの名前を聞いてしまってはもう今夜は眠れましぇん。「甘い生活」の泉の前で・・・。肩こるだろーな~。
Commented by nightly at 2008-07-10 22:47
もちろん主人公のピエールもアニタに出逢った瞬間に吸い寄せられていましたよ!って、何に???
Commented by 台湾人 at 2008-10-01 22:03 x
北欧の俳優の多くは米国ハリウッドへ進出していますね。

イングリッド・ベルイマンやグレタ・ガルボしか知らない私です。

スウェーデンやノルウェーの人達は英語が上手だと聞いています。

親米で英米に親近感を持っているようです。

スウェーデン映画は日本で人気がありますか?
Commented by nightly at 2008-10-02 06:19
特にスウェーデン映画だからと言うことで、人気があることはないと思います。
Commented by 台湾人 at 2008-10-10 16:02 x
そうですか。

デンマークのリー・ラスムッセンも綺麗でクールな女優だと思います。
Commented by 台湾人 at 2008-10-10 16:04 x
北欧の男優の情報も知りたい私ですが、なかなか苦労します。

スウェーデン語やノルウェー語などの北欧言語ができないのでトホホです。
Commented by nightly at 2008-10-14 00:33
アンジェラですか。綺麗でクールですが、大きいですねぇー・・・。
Commented by nightly at 2008-10-14 00:34
台湾人さん、日本語オンリーのボクはいったいどうしたらいいでしょうか、トホホ・・・。
Commented by kugayama2005 at 2008-10-14 01:20
あれ、この映画あっぷしてたっけ。これはボクは何度も見たんだけど、忘れていた。ちょっとセットが安っぽくてさ。莫大な金かけたソ連の「戦争と平和」にはかなわないが。また見たくなった。
Commented by nightly at 2008-10-16 23:28
多分、何度見ても忘れる映画かも・・・。


<< エルザ・マルティネリ(Elsa...      アリゼ(Alizee)「Psy... >>