夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 03日

モニカ・ヴィッティ(Monica Vitti)「唇からナイフ」(1966)

今年の“夜ご美”のテーマは何故か『スウィンギン・ロンドン』に決めてみた・・・!?
さて、観たことがあると思って買った映画「唇からナイフ」のサントラCD。ところが実は観たことなかったことが判明し、すると無性に観たくなるのが人の常!?ジョセフ・ロージーの笑うに笑えないお馬鹿映画らしいが、それでもやっぱり観てみたい!それまでこのサントラで衰えた想像力に活を入れてみよう!かな?
このCD、最後の曲では何とモニカ・ヴィッティ(1931〜)とテレンス・スタンプのデュエットが聴けちゃうんだゾ!




モニカ・ヴィッティ(Monica Vitti)「唇からナイフ」(1966)_e0042361_22461773.jpg


モニカ・ヴィッティ(Monica Vitti)「唇からナイフ」(1966)_e0042361_22462921.jpg


モニカ・ヴィッティ(Monica Vitti)「唇からナイフ」(1966)_e0042361_224642100.jpg


by nightly | 2009-01-03 21:00 | 伊太利亜の女優 | Comments(12)
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2009-01-04 00:35 x
43年も前の記憶では、原題はヒロインの名前を取って確か「モデスティ・ナントカ」。だからテーマ曲はモデスティじゃない?。ハチャメチャ意味不明の内容だったはずだがそこがミソか。
車好きなボクにはロータス・エランしか覚えちょらん。
この頃はこれとかイヴェット・ヴァディム(ストロイベルグ)のはだかなんかが見たく「血と薔薇」なんぞを見まくりましたよ。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2009-01-04 01:28 x
前コメントのイヴェットはアネットの間違い、なんたるこっちゃ。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-04 21:09
そういえばスエーデンの城みたいなあ。
Commented by nightly at 2009-01-04 22:37
オンリー先輩、43年も前の記憶というのはやっぱり凄いです!
そうです、「モデスティ・ブレィズ」が原題でヒロイン、モニカ・ヴィッティの役名ですね。もとは人気漫画だということです。
それにつけても、「血とバラ」にはよほどの思い入れがおありのようで・・・。
Commented by nightly at 2009-01-04 22:39
散人せんせ、ここへきて、ロジェ・ヴァディム人気沸騰中のようで・・・。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-05 21:18
ロジェ・ヴァディムって、最近みたらスゴク面白いよ!、さすがエロオヤジだけあるぞ。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2009-01-05 23:28 x
以前、ジミー・スチュワートが男優冥利に尽きると誰かが言ったよね、アリスン、ドナ、ケリー、ノヴァックだから。で、監督冥利に尽きるのはバディムに決定だな。カルタ取りって、お手付きには罰則あったっけ。
Commented by nightly at 2009-01-07 22:02
散人せんせ、ボク好みの美女の初期の作品には必ずと言っていいほど、ロジェ・ヴァディムの背後霊が・・・
Commented by nightly at 2009-01-07 22:05
オンリー先輩、お手付きに罰則を科していたら、ロジェおやぢは300年のムショ暮らしと言うことになりますね。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-07 22:05
げ!
それは悲しい。
でも、ボクこそロジェ・ヴァディムだと思えばいいの?
Commented by kugayama2005 at 2009-01-07 22:06
う!
お手つきありね?
Commented by nightly at 2009-01-09 23:01
散人和尚、新年早々、言ってることがお手つきだぜい!


<< 加賀まりこ「乾いた花」(196...      A Happy New Yea... >>