夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 08月 16日 ( 1 )


2005年 08月 16日

ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)「恋のゆくえ」(1989年)

ミシェル・ファイファー(1958〜)は、この映画の中でスージー・ダイアモンドというクラブ・シンガーの役で数曲、自前で歌っている。彼女の歌が聴きたくてサントラCDを購入したら、たった2曲しか収められていなかった。なんてこった!
やはり動く彼女を観よと言うことか!?なんと言ってもこれが彼女の一番のはまり役だから・・・。
新年を迎えるリゾート・ホテルのボールルームでジェフ・ブリッジス扮するジャックの弾くグランドピアノの上で真紅のドレスに包まれたスージーが「メイキン・ウーピー」を歌うシーンは何度観てもゾクゾクする。
そういえば、この映画の中でもベニー・グッドマンの演奏する「ムーングロウ」をバックにスージーとジャックが踊るシーンがあり、これがきっかけとなって2人の距離が急速に縮まるのだった。やはり名曲の力は強し!である。
e0042361_2257259.jpg
e0042361_22572837.jpg
e0042361_22574553.jpg
e0042361_2258297.jpg
e0042361_22582381.jpg
e0042361_22583962.jpg
e0042361_22585613.jpg
e0042361_22591034.jpg


by nightly | 2005-08-16 21:00 | 亜米利加の女優 | Comments(17)