夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 11月 17日 ( 1 )


2005年 11月 17日

桂木洋子(Yoko Katsuragi)「醜聞〈スキャンダル〉」(1950年)

逢いたいと思っていたひとにやっと逢えたという感じ。桂木洋子(1930〜)はボクの中では伝説の女優だった。残念ながらこの黒澤映画では、彼女は結核を患っており、ついに布団から出ることはなかったが・・・、できることなら飛び跳ねている彼女を観たかった。しかたがない、次の機会を待つことにしよう。
それにしても噂通り、可憐なお姿!映画自体は黒澤作品の中では、人物の設定が単純で厚みに欠けると思うのだが・・・。

e0042361_2249412.jpg
新進画家の青江(三船敏郎)が弁護士の蛭田(志村喬)の家を訪ねると、病気で寝たきりの娘・正子(桂木洋子)が迎えてくれた。
e0042361_22492175.jpg

e0042361_2250575.jpg
正子は父の不正を見抜いていて・・・。
e0042361_22513467.jpg

e0042361_22515435.jpg

e0042361_22521839.jpg

e0042361_2254041.jpg

e0042361_22543297.jpg
父の弁解を丸ごと受け入れる娘。
e0042361_22544923.jpg

e0042361_22551049.jpg
クリスマスの夜、声楽家・西条美也子(山口淑子)が唄う「きよしこの夜」に青江はオルガンで伴奏をして正子を励ます。
e0042361_22553277.jpg

e0042361_2256090.jpg
正子の純粋さ、可憐さに惹かれ度々訪れる青江だったが・・・。

by nightly | 2005-11-17 23:13 | 日本の女優 | Comments(8)