夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:亜米利加の歌手( 250 )


2018年 08月 16日

マドンナ(Madonna)・・・美女落ち穂拾い180816

兎にも角にも「ポップスの女王」様なんでしょうが、やっぱりボクの趣味としては、“ライク・ア・ヴァージン”な80年代のマドンナ(1958/08/16〜)が好きです。


































e0042361_16343413.jpg






e0042361_16342562.jpg



by nightly | 2018-08-16 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2018年 06月 04日

ミシェル・フィリップス(Michelle Phillips)・・・美女落ち穂拾い180604

“夜ご美”では便宜上アメリカの歌手としてカテゴライズしているミシェル・フィリップス(1944/06/04~)ですが・・・。女優ミシェル・フィリップスをアップすべく銀幕を彷徨っているところではあります。




























e0042361_17212460.jpg






e0042361_17212889.jpg

他のママさん、パパさん、ごめんなさい!




by nightly | 2018-06-04 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2018年 05月 05日

モニカ・ルイス(Monica Lewis)「Sings Songs Of Love」

もはや良きアメリカの想い出のよすがとなるのは古い映画と音楽しか思いつきません。と言うことで、ノスタルジーたっぷりに、モニカ・ルイス(1922/5/5〜2015/6/12)のアンニュイな節回しをprime musicで堪能することにします。
























e0042361_11334559.jpg





e0042361_11334124.jpg



by nightly | 2018-05-05 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(2)
2018年 02月 24日

ジョニー・ソマーズ(Joanie Sommers)「Let's Talk About Love」(1962)

何だか現実があまりにも現実離れしていて、付き合いきれません。アメリカではどうやら教師はすべからく銃を携帯するようになるらしい・・・とは、さすがならず者国家!面目躍如ではありませんか。
んな、どうにでもなさいな話はさておき、一度はそれでも憧れた良きアメリカの良きミュージックでもと、ジョニー・ソマーズ(1941/02/24〜)のアルバムを引っ張り出して聴いてます。で、このアルバムはまだアップしていなかったようなので遅ればせながら・・・年甲斐もなく、恋について語りたくなりました!ん?
























e0042361_16545022.jpg


e0042361_16544626.jpg


e0042361_16544266.jpg




by nightly | 2018-02-24 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(2)
2018年 01月 29日

ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「ビヴァリー・ケニー第四集」(1956/60)

しょうもない世の中ですが、待てば海路の日和あり!ビヴァリー・ケニー(1932/01/29~1960/04/13)4枚目の未発表音源集が去年発売されていました。




















e0042361_11421719.jpg




e0042361_11421246.jpg



by nightly | 2018-01-29 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2018年 01月 16日

アリーヤ(Aaliyah)・・・美女落ち穂拾い180116

冬の日の落ち穂拾いは、アリーヤ(1979/01/16~2001/08/25)であります。
























e0042361_11161795.jpg




e0042361_11162125.jpg



by nightly | 2018-01-16 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(6)
2017年 12月 18日

クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)・・・美女落ち穂拾い171218

スティーヴン・アンティン監督のボクのお気に入りミュージカル?映画「バーレスク」(2010)で、アイオワの田舎町からスターを夢見てロスへとやって来た少女、アリ役が嵌まっていたクリスティーナ・アギレラ(1980/12/18〜)嬢でした。












[クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)「Candyman」(2006)]

[クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)「Back To Basics」(2006)]












e0042361_11353150.jpg





e0042361_11353439.jpg



by nightly | 2017-12-18 20:14 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2017年 09月 26日

ジュリー・ロンドン(Julie London)「赤い家(The Red House)」(1947)《再び》

久しぶりにまた「赤い家」を観たので改めて若き日の女優ジュリー・ロンドン(1926/09/26〜2000/10/18)を愛でてみました。










[ジュリー・ロンドン(Julie London)「アラウンド・ミッドナイト / Around Midnight」(1960年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「女はそれを我慢できない(The Girl Can't Help It)」(1956年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「ALL THROUGH THE NIGHT」(1956年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「Calendar Girl」(1957)《前半》]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「Calendar Girl」(1957)《後半》]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「赤い家(The Red House)」(1947)《前半》]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「赤い家(The Red House)」(1947)《中間》]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「赤い家(The Red House)」(1947)《後編》]












e0042361_21073544.jpg

e0042361_21073129.jpg

e0042361_21072676.jpg

e0042361_21071928.jpg

e0042361_21071522.jpg

e0042361_21071088.jpg

e0042361_21070289.jpg

e0042361_21065342.jpg

e0042361_21064918.jpg

e0042361_21064575.jpg

e0042361_21064100.jpg



by nightly | 2017-09-26 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2017年 07月 19日

ペギー・リー(Peggy Lee)「皆殺しのトランペット」(1955)・・・続き

しつこいようですが監督のジャック・ウェッブが俳優のジャック・ウェッブに誰もが羨むような主人公を演じさせた都合の良い映画ではあります。が、勿論もう一人のリー、ジャネット・リーの出演もさることながら、この映画では歌っているペギー・リーのお姿を、結構良い画質で堪能できる事がボク的には高ポイントな訳です。
















e0042361_17263579.jpg

e0042361_17262880.jpg

e0042361_17262339.jpg

e0042361_17261957.jpg

e0042361_17261599.jpg

e0042361_17261138.jpg

e0042361_17260609.jpg

e0042361_17260149.jpg

e0042361_17255640.jpg

e0042361_17255102.jpg

e0042361_17254670.jpg

e0042361_17253854.jpg
e0042361_17253394.jpg

e0042361_17252853.jpg

e0042361_17252240.jpg

e0042361_17251767.jpg

e0042361_17251267.jpg

e0042361_17250798.jpg

e0042361_17250303.jpg

e0042361_17245798.jpg


by nightly | 2017-07-19 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2017年 07月 14日

ペギー・リー(Peggy Lee)「皆殺しのトランペット」(1955)

主演のジャック・ウェッブが監督した、ほとんどジャックのやりたい放題?映画「皆殺しのトランペット」(1955)には二人のリーが出演していて、アップ済みのジャネット・リーの他に、歌手のペギー・リー(1920/05/26〜2002/01/21、同じリーでもスペルは違いますが・・・)がなんとローズ・ホプキンスという名のちょっと訳ありの歌手役で出演しているのであります。

















e0042361_21225199.jpg

e0042361_21224752.jpg

e0042361_21224330.jpg

e0042361_21223516.jpg

e0042361_21222914.jpg

e0042361_21222642.jpg

e0042361_21222249.jpg

e0042361_21221829.jpg

e0042361_21221450.jpg

e0042361_21220928.jpg

e0042361_21220576.jpg

e0042361_21220130.jpg

e0042361_21215606.jpg

e0042361_21213479.jpg

e0042361_21213021.jpg


by nightly | 2017-07-14 20:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)