夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:レバノンの女優( 8 )


2019年 04月 13日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「できごと」(1967)・・・而して其の参

と言うわけで、ベッドで煙草は吸わないで(!)はいられないフランチェスカでした。それにつけても、デルフィーヌ・セイリグ(1932/04/10〜1990/10/15)の煙草!絵になります。


















[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)の中編ってことで]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)・・・美女落ち穂拾い180410]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)・・・おまけ]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「できごと」(1967)・・・おずおずと其の壱]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「できごと」(1967)・・・丹念に其の弐]


















e0042361_15043568.jpg


e0042361_15043090.jpg


e0042361_15042569.jpg


e0042361_15042127.jpg


e0042361_15041518.jpg


e0042361_15041116.jpg


e0042361_15040772.jpg


e0042361_15040114.jpg


e0042361_15035611.jpg


e0042361_15034996.jpg


e0042361_15034488.jpg


e0042361_15033957.jpg


e0042361_15033429.jpg


e0042361_15033071.jpg




by nightly | 2019-04-13 20:00 | レバノンの女優 | Comments(0)
2019年 04月 11日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「できごと」(1967)・・・丹念に其の弐

フランチェスカを続けて・・・。

















[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)の中編ってことで]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)・・・美女落ち穂拾い180410]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)・・・おまけ]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「できごと」(1967)・・・おずおずと其の壱]


















e0042361_17190443.jpg


e0042361_17185869.jpg


e0042361_17185300.jpg


e0042361_17184512.jpg


e0042361_17184150.jpg


e0042361_17183555.jpg


e0042361_17183175.jpg


e0042361_17182592.jpg


e0042361_17181992.jpg


e0042361_17181388.jpg


e0042361_17180913.jpg


e0042361_17180443.jpg


e0042361_17175903.jpg


e0042361_17175465.jpg


e0042361_17174852.jpg





by nightly | 2019-04-11 20:00 | レバノンの女優 | Comments(0)
2019年 04月 10日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「できごと」(1967)・・・おずおずと其の壱

ダーク・ボガードが小心者のインテリゲンチア、オックスフォード大学の哲学教授スティーブンを見事に演じたジョセフ・ロージー監督のイギリス映画「できごと」で、出演時間は短いものの、スティーブンが身重の妻の里帰りを良いことに浮気しちゃう、昔付き合っていた女、フランチェスカをエレガントに演じたデルフィーヌ・セイリグ(1932/04/10〜1990/10/15)を丹念に?なぞってみました。

















[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)の中編ってことで]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)・・・美女落ち穂拾い180410]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)・・・おまけ]


















e0042361_14233252.jpg


e0042361_14232624.jpg


e0042361_14232016.jpg


e0042361_14231423.jpg


e0042361_14230983.jpg


e0042361_14230306.jpg


e0042361_14225750.jpg


e0042361_14224724.jpg


e0042361_14224215.jpg


e0042361_14223735.jpg
煙草の持ち方、吸い方がすこぶるエレガントなんです!

e0042361_14223159.jpg


e0042361_14222761.jpg


e0042361_14221728.jpg


e0042361_14221223.jpg


e0042361_14220085.jpg


e0042361_14215554.jpg


e0042361_14214981.jpg


e0042361_14214557.jpg


e0042361_14213886.jpg


e0042361_14213333.jpg


e0042361_14212771.jpg


e0042361_14212268.jpg





by nightly | 2019-04-10 20:40 | レバノンの女優 | Comments(0)
2018年 04月 11日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)・・・おまけ

エレガントなヴァンパイア、バーソリー伯爵夫人のホワイト編であります。











[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)の中編ってことで]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)・・・美女落ち穂拾い180410]













e0042361_22284285.jpg




e0042361_22284667.jpg




by nightly | 2018-04-11 20:00 | レバノンの女優 | Comments(0)
2018年 04月 10日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)・・・美女落ち穂拾い180410

デルフィーヌ・セイリグ(1932/04/10〜1990/10/15)








[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?]

[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)の中編ってことで]











e0042361_20492919.jpg





e0042361_20492317.jpg



by nightly | 2018-04-10 20:00 | レバノンの女優 | Comments(0)
2011年 01月 19日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)の中編ってことで

今はシーズンオフの海辺の寂れたホテルに曰くありげな新婚のカップルが逗留する。程なくこのホテルを定宿としているバーソリー伯爵夫人が秘書のイローナを伴ってやってくると・・・。



[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]
[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?]


若いカップルと親しくなった伯爵夫人はこともあろうに若妻の見ている前で・・・
e0042361_2235663.jpg


e0042361_22412942.jpg


e0042361_224140100.jpg


e0042361_22415236.jpg


e0042361_2242352.jpg


e0042361_22422932.jpg


e0042361_2243549.jpg


e0042361_22431821.jpg


e0042361_2243456.jpg


e0042361_2244275.jpg


e0042361_22441770.jpg


e0042361_22443686.jpg


e0042361_2245674.jpg


e0042361_22453610.jpg


e0042361_22455758.jpg


e0042361_2246155.jpg


e0042361_22463116.jpg


e0042361_22464593.jpg


by nightly | 2011-01-19 21:00 | レバノンの女優 | Comments(0)
2011年 01月 18日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?

ほとんど少女時代漬けの日々を過ごしたせいで、脳が液状化の様相を呈し、それはそれで幸せなんだけどこのままでは社会復帰もままならなくなりそうなので、ここらで一旦Girls' Generationから足を洗って、我がデルフィーヌおねいさまのハスキーなお声とエレガントな佇まいにいっそ悩殺されてみることにした。
ちなみに選んだ映画は、エレガントなおねいさまはどんなに血に飢えても決して牙など剥き出したりはしないスタイリッシュなヴァンパイアものであります。
もちろん主役のバーソリー伯爵夫人に扮して妖しく微笑んでくれます!


[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]



e0042361_23541977.jpg


e0042361_23544093.jpg


e0042361_2355988.jpg


e0042361_2355275.jpg


e0042361_23554735.jpg


e0042361_2356677.jpg


e0042361_23563931.jpg


e0042361_23565946.jpg

この若いミレイユ・マチューな娘は伯爵夫人の秘書イローナ(Andrea Rau)。つまり暗闇の娘さんお一人ということかな!?

e0042361_23572090.jpg


e0042361_23573558.jpg


e0042361_23575966.jpg


e0042361_23581736.jpg


e0042361_23583599.jpg


e0042361_23585366.jpg


e0042361_23591576.jpg


e0042361_23594160.jpg


e0042361_0098.jpg


e0042361_003112.jpg


e0042361_0106.jpg

ホテルの先客、何か曰くありげな若いカップル、ステファン(John Karlen)とヴァレリー(Danielle Ouimet)。

e0042361_012925.jpg


e0042361_014932.jpg


e0042361_02178.jpg


by nightly | 2011-01-18 21:00 | レバノンの女優 | Comments(2)
2008年 07月 21日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)

フレデリック・フォーサイスの小説を映画化したフレッド・ジンネマン監督の「ジャッカルの日」で、ド・ゴール暗殺を請け負った一匹狼の殺し屋ジャッカル(エドワード・フォックス)が、任務遂行中に宿泊したホテルで知り合い、一夜をともにした相手、コレット夫人を演じたデルフィーヌ・セイリグ(1932〜90)の大人のおんなの色香と包容力にボクは逆上せてしまう!冷静沈着なはずの殺し屋ジャッカルが、結果的に唯一平凡な男に成り果てるのも宜なるかな!?うーむ、やっぱりデルフィーヌおねいさまの低めのハスキーなお声が尋常ではないのである・・・ってね。





e0042361_23155016.jpg


e0042361_2316947.jpg


e0042361_23172532.jpg


e0042361_23175248.jpg

このアスコット・タイ野郎が、ジャッカルね!

e0042361_23181559.jpg


e0042361_23183661.jpg


e0042361_2321743.jpg

因みに、19歳というのは彼女の息子のこと。

e0042361_23213176.jpg


e0042361_2322056.jpg


e0042361_23222139.jpg


e0042361_23223664.jpg


e0042361_23262935.jpg

・・・つー訳であります・・・

e0042361_23272748.jpg

おお!母なる包容力であります!!

e0042361_2328630.jpg

・・・むむむ・・・

e0042361_23283346.jpg


e0042361_23313471.jpg

やがてルベル警視(ミシェル・ロンズデール)が事情聴取に現れ・・・

e0042361_2336558.jpg


e0042361_23365033.jpg


e0042361_23373544.jpg


e0042361_2338044.jpg


e0042361_23382177.jpg


e0042361_23384367.jpg

一難去ってまた一難・・・

e0042361_23393170.jpg


e0042361_2339542.jpg


e0042361_23401545.jpg


e0042361_23403481.jpg


e0042361_23405519.jpg


e0042361_23411178.jpg


e0042361_23412939.jpg

んな余計なこと、言わなきゃ良いのに・・・

e0042361_23423989.jpg


と言うわけでジャッカルは最後に冷静沈着に後始末したのだった・・・

by nightly | 2008-07-21 21:00 | レバノンの女優 | Comments(12)